不倫で離婚に至る場合のリスク

不倫の果てに離婚にまで至ってしまうことほど、不幸になることはありません

 

不倫離婚の場合、

 

まず不倫当事者同士に待ち受けているのは、幸せな生活ではありません

 

不倫から離婚となりそんな二人が結婚したとしても、多くの苦痛や不幸を伴う生活になってしまうということを覚悟しておきましょう。

 

不倫で離婚に至った場合のリスク

一般的なケースとして、未婚女性が配偶者のある男性と不倫関係になった場合を例にあげてみます。

 

まず未婚女性の立場だと、

 

妻子ある男性と不倫をして男性が離婚したのであれば、男性の妻から慰謝料を請求される

 

可能性が確実にあります。不倫が原因となって夫婦関係が破綻したのですから、女性が慰謝料を請求されるのは当然のことです。

 

またお相手が離婚しないにしても、精神的なダメージによる慰謝料を請求されることだってあります。

 

このように一時の感情の盛り上がりだけで不倫をしてしまうと、未婚女性であってもとんでもない危険を抱えてしまうのです。

 

不倫という略奪愛が成就した事に一時的に満足してしまうことがあるかもしれませんが、不倫は絶対にリスクが伴うということを忘れてはいけません。

 

妻子ある男性側は

不倫をした妻子ある男性の立場であれば、離婚しなければ何の問題もないと思うかもしれません。

 

ですが、

 

不倫のきっかけを男性からつくった(誘った)となれば、不倫相手の女性から慰謝料を請求される場合もあります

 

そしてそれがキッカケで離婚協議ともなれば、夫婦関係にあった妻からも慰謝料を請求される可能性は確実です。

 

このように未婚女性であっても、妻子ある男性側であっても、どちらの立場であっても、不倫で離婚訴訟に至る場合は大きなリスクが伴うということを覚悟しておきましょう。

 

 

■不倫の制裁と慰謝料の相場|修羅場の不倫の終わらせ方 >>