不倫をしてから後悔してしまったら

心の高鳴りを抑えることができず、ついつい既婚者とイケナイ関係になってしまう。

 

そんな不倫の果てには何があるでしょうか。

 

不幸な結末なのか、幸せな結末なのか。

 

人によって感じ方は違うかもしれませんが、どのような結末であっても、

 

不倫は必ず誰かを不幸にします

 

不倫関係でもいいから、一緒に居てくれるならそれだけでいい、と思う人もいるでしょう。

 

相手に依存している場合、相手からは都合のいい人に成り下がってしまいます。

 

依存すればするほど、都合のいい人でもいいから一緒に居たいと思うようになってしまうでしょう。

 

そんないつ相手から関係を断ち切られるかわからない関係は、果たして幸せな結末といえるでしょうか?

 

してしまってから後悔することが多いモノ

不倫は一時的な熱病のようなモノで、単なるイケナイ感情の産物です。

 

浮かれているうちはスリルがあって楽しいのですが、それはそう長くは続くものではありません。

 

冷める...

 

そして覚めるのです

 

不倫関係を楽しんでいながらも、お互いの関係を進展する覚悟がなければ、結末もなにもありません。

 

自然と熱が冷めてしまうだけで、曖昧なまま終わった不倫が後々大きなトラブルとなるかもしれません。

 

お互いに不倫関係を終わらせて一緒になる覚悟をすれば、どうでしょう。二人が幸せであっても、犠牲者となった人がいるのです。

 

被害者となった人がいて、不倫をしていた二人は加害者となるのです。

 

このように不倫の果てにあるものは、決して良いものはありません。

 

もし不倫をしてしまっていて、後悔しているようなことがあれば、その時がチャンスです。

 

自分自身、そして相手との関係をきちんと見直して、早いウチに不倫を解消するべきです。

 

 

 

■不倫の制裁と慰謝料の相場|修羅場の不倫の終わらせ方 >>